6月の誕生花」カテゴリーアーカイブ

6月20日の誕生花 ペラルゴニウム Pelargonium, Fancy geranium

6月20日の誕生花
ペラルゴニウム Pelargonium, Fancy geranium
ナツザキテンジクアオイ、ファンシーゼラニウム


photo by Peter Stenzel

花言葉:尊敬


photo by Maja Dumat

Pelargonium


photo by la Ezwa

ゼラニウムに似た花ですが、アザレアのような華やかさがあります。花色は赤、赤紫、藤紫、ピンク、白など。
しばしぱゼラニウムと混同されるぺラルゴニウムはひと回り大きな花で、ゼラニウムの四季咲きとは異なり、春から初夏までの一季咲きです。


photo by Robert Wallace

花弁の輪(別色の緑どり)や斑入り、上弁と下弁で色が異なるものなど、豊富な種類を楽しめるのも特徴。
花名のぺラルゴニウムは、ギリシャ語のPelargos (コウノトリ)に由来し、原種の実のかたちがコウノトリのくちばしに似ているためにつけられたということです。

6月19日の誕生花 アガパンサス  Agapanthus

6月19日の誕生花
アガパンサス  Agapanthus
別名:ムラサキクンシラン
英名:アフリカンリリー


photo by anne arnould

花言葉:知的な装い


photo by caligula1995

ギリシャ語「愛の花」という意味の名がつくこの花。さわやかな青紫色の小花が集まって球形となり、花開きます。
風に吹かれてブルーの大きなボールがかすかに揺れる様はさわやかです。


photo by David

花色は青系が基本ですが、白の品種もあります。

6月18日の誕生花 アリウム・ギガンティウム Allium giganteum

6月18日の誕生花
アリウム・ギガンティウム Allium giganteum
別名:ハナネギ


photo by Chris Gladis

花言葉:深い悲しみ


photo by Shigemi.J

紫紅色の小花が千個以上集まって、大きなネギボウズのような姿になります。
アリウムとは、タマネギ、ラッキョウ、ニラなどネギ属の総称で、名はラテン語の「匂い」や、ラテン古語の「ニンニク」に由来します。


photo by manuel m. v.

1mほどの茎先に紫紅色の小花が30-40輪ほど球状に集まってつき、花は直径10~20cmにもなります。

6月17日の誕生花 スイカズラ Lonicera japonica

6月17日の誕生花
スイカズラ Lonicera japonica
別名:ロニセラ、ニンドウ


photo by MomentsForZen

花言葉:献身的な愛


photo by Kerry Wixted

日本に自生する半常緑のつる性植物で、 白やオレンジ・ピンクの花火のような花をつけます。


photo by Janet Tarbox

欧米ではスイカズラの仲開をハニーサックルと総称しています。

6月16日の誕生花 カモミール Matricaria chamomilla、Chamomile

6月16日の誕生花
カモミール Matricaria chamomilla、Chamomile
別名:カミツレ


photo by Virginia (Ginny) Sanderson

花言葉:苦難に耐える


photo by Virginia (Ginny) Sanderson

古くから民間薬として利用されてきたハーブの一種。
花名はギリシャ語で「大地のリンゴ」を意味し、古代では聖なる植物とされて敷石などにまかれました。


photo by Stefano Montagner

現在でもヨーロッパでは、優れた民間薬として重宝されています。

6月15日の誕生花 野ばら Rosa multiflora

6月15日の誕生花
野ばら Rosa multiflora, Japanese rose, Polyantha rose
別名:ノイバラ


photo by Janmarie

花言葉:詩、才能


photo by Anita Gould

白く丸い5弁の花を咲かせ、華麗なイメージのバラのなかではひときわ清楚な印象を与えます。
ノイバラは「野茨」と書き、「万葉集」にもよく詠まれています。


photo by wplynn

果実は利尿剤などにも使われます。



6月14日の誕生花 シキザキベゴニア  Bedding begonia, Wax begonia, Begonia x semperflorens-cultorum

6月14日の誕生花
シキザキベゴニア  Bedding begonia, Wax begonia, Begonia x semperflorens-cultorum
別名:ベゴニア・センパフローレンス


photo by Jim Larrison

花言葉:親切


photo by Purrrpl_Haze

花名の通り、ほぼ1年中花を楽しめます。
花色は赤、白、ピンク、緋朱色など。近年は八重咲きも出回っています。


photo by Bradley West

別名のセンパフローレンスは、「絶えず花が咲く」という意味から付きました。

6月13日の誕生花 ブライダルベール Bridal Veil, Gibasis pellucida

6月13日の誕生花
ブライダルベール Bridal Veil, Gibasis pellucida
別名:ギバシス・ペルシダ


photo by PINKÉ

花言葉:願い続ける


photo by PINKÉ

観葉植物として、オールシーズンつややかな緑色の葉を見せてくれます。
かすみそうのような小さな白い花をいっぱいに咲かせます。


photo by PINKÉ

名前のとおり、結婚式で花嫁がかぶるべールを思わせます。
原産地はジャマイカですが、低温にも強く、冬でも室内の暖かいところにおけば元気に越冬します

6月12日の誕生花 ジンジャー  Garland Lily

6月12日の誕生花
ジンジャー  Garland Lily
別名:シュクシャ
英名:ジンジャーリリー


photo by Dinesh Valke

花言葉:あなたを信頼します


photo by Richard Alexander

白い大きな蝶のような花をふんわりと咲かせます。この花の寿命は短く、1日でしほんでしまいます。
花には涼しげな芳香があり、主に切り花に利用されています。


photo by Linda De Volder

地下茎は痛み止めの薬用にも使われてきました。

6月11日の誕生花 ラベンダー Lavandula

6月11日の誕生花
ラベンダー Lavandula
別名:ヒロハラワンデル


photo by Maja Dumat

花言葉:期待


photo by Corentin Foucaut

ハーブの代表格の花。薄紫色の小さな花を房状につけ、強くさわやかな芳香をもちます。
花の色はほかにピンク、白などがあります。


photo by sodai gomi

もっとも広く利用されているハーブで、アロマテラピーでは気分をリラックスさせるとして、食用では花の砂糖潰けやハーブティーの材料に用いられます。


photo by Melanie Shaw

学名のLavandulaは、ラテン語の 「洗う」に由来し、ローマ時代に浴槽の湯や洗濯の水にラベンダーを入れて移り香を楽しんだことによります。