3月の誕生花」カテゴリーアーカイブ

3月31日の誕生花 ニオイスミレ Viola odorata

3月31日の誕生花
ニオイスミレ Viola odorata
別名はバイオレット。


photo by Andreas Rockstein

花言葉:秘密のでき事


photo by Bernard DUPONT

上品な香りがあり、ヨーロッパでは古くから香水の原料として用いられてきました。


photo by Ivo Ivov

鉢柚えや庭植えにするほか、香りを楽しむ切り花としても使われています。



3月30日の誕生花 イースターカクタス Hatiora, Easter cactus

3月30日の誕生花
イースターカクタス Hatiora, Easter cactus
別名:カニバサボテン、ホシクジャク


photo by Ricardo Torres Kompen

花言葉:復活の喜び


photo by salchuiwt

じゃこばサボテン(クリスマスカクタス)によく似ていますが、しゃこばサボテンは開花が12月頃。いっぽうイースターカクタスは春イースター(復活際)の時期に咲くので、名前もそのようにつけられました。


photo by InAweofGod'sCreation

しゃこばサボテンは茎節にとがったとげがありますが、このイースターカクタスにはあまり見られないことでも区別できます。
花は鮮やかなビンクや赤で、花弁が多く華やかです。



3月29日の誕生花 ワイルドストロベリー Fragaria vesca

3月29日の誕生花
ワイルドストロベリー Fragaria vesca
別名:ノイチゴ


photo by naturalhistoryman

花言葉:幸せな家庭


photo by Björn S…

現在の食用イチゴは16世紀のオランダイチゴを改良してできたものだといわれていますが、それ以前にはこのワイルドストロベリーが食用とされていました。


photo by xulescu_g

現在ではハーブとして食用や、ガーデニング材料に利用されています。



3月28日の誕生花 エビネ Calanthe discolor

3月28日の誕生花
エビネ Calanthe discolor
別名:エビネラン


photo by J Biochemist

花言葉:忠実


photo by Mark Freeth

縦筋が目立つ葉の間からすっと伸びた花茎に上品な花を穂状につけます。花色は、紫掲色、淡紫色、黄、白など。
代表的な日本のランのひとつ。花名は、地下茎に節が多く、海老の背に似ていることにちなみ、学名のカランセは、ギリシャ語で 「美しい花」に由来。


photo by えびね栽培日誌

エビネは日本に約20種が自生しますが、春に開花する常緑種と、晩秋から冬に開花する落葉種があります。


photo by Tim Waters

ちなみに、「エビネ」と呼ばれるものは日本の自生種をはじめとする東洋ランのことで、 「力ランセ」と呼ばれる場合は、温室栽培された洋ランを指します。



3月27日の誕生花 ノースポール Mauranthemum paludosum, Northpole

3月27日の誕生花
ノースポール Mauranthemum paludosum, Northpole
別名:カンシロギク、バルドサム、パルドーサム、クリサンセマム


photo by Sachiho

花言葉:誠実


photo by A Shino

草丈は15~20センチほど。花径は2~3センチほどで、花芯が黄色く花びらが白い、マーガレットを小さくしたような花です。
正式名は、クリサンセマム・パルドーサムと言い、一般には品種名の 「ノースポール」で呼ばれています。


photo by Bong Grit

日本には1970年ころに輸入されて栽培が始まった比較的新しい花です。
花そのものは小ぶりですが、次々に花を咲かせるため、かなり存在感があります。


photo by Cookie M

ノースポールの名は、株全体を覆うほどに白く咲くことから「北極」が連想されてつけられました。



3月26日の誕生花 かたくり Erythronium japonicum

3月26日の誕生花
かたくり Erythronium japonicum
別名:カタカゴ、カタコ、エリトロニウム


photo by t-mizo

花言葉:嫉妬


photo by titanium22

6枚の花弁をそり返らせ、うつむいている姿。日本では古くから特別に愛されてきた花です。


photo by 8mitsu

鱗茎にはでんぶん質が多く、昔はこの鱗茎からかたくり粉が作られました。


photo by t-mizo

現在市販のかたくり粉はじゃがいもが原料で、本物のかたくり粉はまずありません。地方によっては葉や茎もゆでて食べます。



3月25日の誕生花 ミモザアカシア Acacia baileyana, Wattle, Mimosa

3月25日の誕生花
ミモザアカシア Acacia baileyana, Wattle, Mimosa
別名:フサアカシア


photo by Heather

花言葉:秘密の愛


photo by Ahef

黄色のふんわりした花は明るくエレガント。ヨーロッパでとくに好まれる花です。


photo by John Jennings

スバークリングワインとオレンジジュースをミックスしたカクテル「ミモザ」、ゆで卵の黄身の裏ごしを振りかけた「ミモザサラダ」など、この花にちなんだ料理やドリンクもたくさんあります。


photo by Heather

ただし植物学的には、単にミモザといえばおじぎそうのこと。フワフワした感じは似ていますが、おじぎそうはピンク色の花です。



3月24日の誕生花 イカリソウ Epimedium

3月24日の誕生花
イカリソウ Epimedium, Barrenwort
別名:サンシクヨウソウ


photo by J Biochemist

誕生花:あなたをとらえる


photo by James Gaither

船の「いかり」のかたちに似た花で、色は白、淡黄、紅紫など。
葉は3本の柄に分かれた複葉で、それぞれの柄に3枚ずつ小葉がつきます。


photo by J Brew

別名のサンシクヨウソウ(三枝九葉草)は、葉の変わった出方に由来。細い茎に揺れる軽やかな花は、江戸時代にはさかんに観賞され、「花地錦抄」にもその記載があります。


photo by James Gaither

またイカリソウの茎葉は漢方では強壮強精剤としても有名です。



3月23日の誕生花 プリムラ・ポリアンサ Primula Polyanthus

3月23日の誕生花
プリムラ・ポリアンサ Primula Polyanthus
別名:ポリアンサス、ポリアンタ


photo by Glen Bowman

花言葉:青春の喜びと悲しみ


photo by Feggy Art

早くから開花する春の花なので、「最初の」という意昧のラテン語「プリマス」が名前の由来となつています。


photo by PROJocelyn Kinghorn

種類が多いプリムラのなかても、このポリアンサと仲問のジュリアンがもっともポピュラーです。



3月22日の誕生花 イベリス lberis, Candytuft

3月22日の誕生花
イベリス lberis, Candytuft
別名:マガリバナ


photo by Frank Fujimoto

花言葉:心をひきつける


photo by fran_sinclair

イベリスという名は、原産地である地中海沿岸のイベリア半島にちなんでいるといわれます。
赤やピンク、白の小花が傘状に盛りあがって咲く姿は、少女のような愛らしさがあります。


photo by Martin LaBar

最近はこの花の雰囲気に合うおしゃれなイメージの、「キャンディタフト」という英名でも呼ばれます。


photo by Ed Bachta

向日性が強く、太陽に向かって茎がまがるので、「まがりばな」という名前もあります。