7月25日の誕生花 アガパンサス Agapanthus, African lily

7月25日の誕生花
アガパンサス Agapanthus, African lily
別名:ムラサキクンシラン


photo by coniferconifer

花言葉:恋の訪れ


photo by Linda MacPhee-Cobb

葉の間から長い茎が出て、その先に細長い筒状の花が集まり、放射状に咲きます。
花色は淡青、紫、白などがあります。


photo by anne arnould

花名はギリシャ語のアガペ(愛)とアントス(花)に由来。
南アフリ力からヨーロッパに伝わったのは1679年。日本へは明治中期に渡来しました。


photo by Andrea DG

筒状の花をつける「クンシラン」の紫版と見立てて「ムラサキクンシラン」と名づけたようですが、「クンシラン」はヒガンバナ科で、異なる種です。
アガパンサスは南アフリ力原産ですが、耐寒性は強く、寒さで地上部が枯れても根が生きていれば翌年花を咲かせます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です