3月28日の誕生花 エビネ Calanthe discolor

3月28日の誕生花
エビネ Calanthe discolor
別名:エビネラン


photo by J Biochemist

花言葉:忠実


photo by Mark Freeth

縦筋が目立つ葉の間からすっと伸びた花茎に上品な花を穂状につけます。花色は、紫掲色、淡紫色、黄、白など。
代表的な日本のランのひとつ。花名は、地下茎に節が多く、海老の背に似ていることにちなみ、学名のカランセは、ギリシャ語で 「美しい花」に由来。


photo by えびね栽培日誌

エビネは日本に約20種が自生しますが、春に開花する常緑種と、晩秋から冬に開花する落葉種があります。


photo by Tim Waters

ちなみに、「エビネ」と呼ばれるものは日本の自生種をはじめとする東洋ランのことで、 「力ランセ」と呼ばれる場合は、温室栽培された洋ランを指します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です